LGS・ボード工事

03

LGS・ボード工事

耐火性・加工性・コストパフォーマンスに優れたLGS工事。
当社ではゼネコンから受注し、マンションや店舗の工事を行っております。

内装工事の基礎となるLGS・ボード工事

「LGS工事(軽鉄工事)」とは、LGS(亜鉛メッキ鋼板で出来た材料)を使用し、天井や壁を造作する工事のことです。
“LGS”とは「LightGaugeSteel(ライト・ゲージ・スティール=軽量鉄骨造の意)」の略称で、マンションリフォーム現場で良く使われる壁や天井の下地材です。

1975年(昭和50年)頃より以前は、木工事により行われてきましたが、「耐火性」「加工性」「コストパフォーマンス」の面から「LGS工事」が主流になっております。

LGS・ボード工事
LGS・ボード工事

「ボード工事」とは、主に下地材(軽鉄材等)に石膏ボードを張る工事です。内装での壁・天井のクロス貼りや塗装などの前工程にあたる工事です。“石膏ボード”とは石膏を芯材として、その両面と側面をボード用紙で被覆したボードで、耐火、防火、遮音、断熱性能を有しており、室内の仕上材(ビニールクロスなど)の下地材として使用されます。

軽量のため建築物への負担も少なく、木材に比べ価格や供給が安定している上、リサイクルが可能な地球環境にも貢献する建材です。また施工も単純簡素化されており、工期の短縮に繋がります。当社では、ゼネコンから受注し、マンション、店舗の工事を行っております。

お問い合わせ

住宅・店舗・マンション建設は、共成建設にお任せください。