太陽光パネルメンテナンス

09

太陽光パネルメンテナンス

太陽光発電設備の性能を維持し、安定した稼働を実現させる「現場メンテナンス」

太陽光発電設備はメンテナンスの有無で20年後の差は歴然

太陽光発電設備は、機器のトラブル、障害物などの外的要因により、発電停止や低下が起こるリスクを持っています。また、遠隔地など目の届きにくいところに設置されることが多く不具合に気づきにくいため、長時間のロスが生じ、売電収入の低減をもたらすため、メンテナンスの有無により発電量には大きな差が生まれます。不具合をいち早く見つけ、ロスを縮小させるため、効率のよいメンテナンス体制を整える必要があります。

吹付断熱
建築型枠工事

太陽光パネル洗浄

太陽光パネルの表面に付着した汚れは、太陽光を浴びて次第に固化・沈着していきます。初期汚れの段階で、定期的に清掃することが大切です。
建築型枠工事

除草工事

野立ての発電所では、太陽光を遮る雑草が成長します。放置すると発電量の減少に直結するため、定期的な除草や防草対策が必要です。
建築型枠工事

パワコン電圧チェック

パワーコンディショナーの性能維持を目的に、定期的な点検を行ないます。万が一の不具合は、保証期間内に発見することが重要です。
建築型枠工事

外観・設備チェック

発電所内を巡回し、設備全般の汚れ・損傷の点検およびゴミの投げ込み・投石・いたずらや、機材の状態などを点検します。

お問い合わせ

住宅・店舗・マンション建設は、共成建設にお任せください。